週刊エコノミスト Online東奔政走

「沖縄問題」をどう打開するか 試される河野防衛相の政治力=及川正也

    超党派議員連盟「原発ゼロの会」では、行動を共にしたが……(沖縄を訪問した河野防衛相〈左〉と玉城沖縄県知事)
    超党派議員連盟「原発ゼロの会」では、行動を共にしたが……(沖縄を訪問した河野防衛相〈左〉と玉城沖縄県知事)

     9月に発足した新しい安倍内閣で外相から横滑りした河野太郎防衛相が沖縄を訪問し、玉城デニー知事と会談した。密集した市街地にある米軍普天間飛行場(宜野湾市)の返還合意から20年以上も経過しながら、政府と沖縄県の溝は埋まっていない。歴代防衛相が打開できなかった名護市辺野古への移設問題をどう解決するのか。

    「意見の違いはあるが、できる限り知事と顔を合わせ、沖縄の負担軽減と発展のために、しっかり話し合いをしていきたい」。報道陣に公開された約30分の会談で、「対話重視」の姿勢を示す河野氏に、玉城氏は何度もうなずきながら聞き入った。冒頭では県側から就任祝いの花束が河野氏に贈られ、玉城氏は拍手を送った。

     2人は旧知の仲だ。玉城氏が衆院議員当時、東日本大震災での原発事故を受けて発足した超党派の議員連盟「原発ゼロの会」などで行動を共にし、地元に米軍基地を抱えることも共通している(河野氏は神奈川県選出)。

    残り1703文字(全文2100文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット