国際・政治東奔政走

“改憲シフト”と“禅譲路線”の矛盾 なおも摘めない「石破首相」の芽=平田崇浩

    2年後の“勝負”まで力をためられるか(自民党本部で8月29日)
    2年後の“勝負”まで力をためられるか(自民党本部で8月29日)

    「憲法改正シフト」と「禅譲路線」。いずれも9月の内閣改造・自民党役員人事を意義づけるのに欠かせないキーワードだろう。だが、今後の「ポスト安倍」政局をにらんだとき、この二つは両立しないことに気づくはずだ。

     憲法改正シフトを普通に解釈すれば、安倍晋三首相の在任中に改憲を実現すべく、政権の人的資源を優先的に注ぎ込む意となろう。

     しかし、社会保障改革をはじめ内政・外交の懸案が山積する中、首相が信頼できる人材は内閣に置かなければ政府が機能しない。加藤勝信前党総務会長の厚生労働相への再起用に象徴される。

    残り1829文字(全文2077文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット