週刊エコノミスト Online東奔政走

永田町で広がる“反緊縮” 消費税巡り野党共闘に影=人羅格

     臨時国会の論戦が始まった。

     改造人事を経て初の攻防だが、安倍晋三首相による所信表明演説は拍子抜けするほどあっさりしたものだった。

     その中でしきりと強調したのが10%への消費増税に伴う景気対策だ。軽減税率、プレミアム付き商品券発行や住宅減税など「十二分の対策」を並べ挙げ、追加の経済対策に含みを持たせた。

     関西電力幹部の金品受領、「かんぽ」不正報道をめぐるNHK経営委員会の介入疑惑など与党として火種の多い国会である。

    残り1817文字(全文2026文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット