国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

不動産市場の引き締め強化 家計負債の膨張を懸念=神宮健

    不動産投資が過熱すれば、個人消費に悪影響を及ぼしかねない(Bloomberg)
    不動産投資が過熱すれば、個人消費に悪影響を及ぼしかねない(Bloomberg)

     中国の景気減速の背景には、米中貿易摩擦に加え、国内要因である“信用収縮”の圧力がある。

     銀行保険監督管理委員会(銀保監会)によれば、金融リスク解消に本格的に乗り出した2年半前と比較して、銀行資産の増加率は15%前後から8%前後に低下。高リスク資産は約14・5兆元(約220兆円)圧縮された。これは国内総生産(GDP)の約6分の1の規模だ。

     不動産部門は大きく影響を受けている。通常、9、10月は「金九銀十」と言われ、不動産市場では新たな物…

    残り1035文字(全文1255文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット