週刊エコノミスト Online書評

『解読 ウェーバー 「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」』 評者・服部茂幸

著者 橋本努(北海道大学大学院教授) 講談社 1900円

今も論争の的になる古典 「天職倫理」の概念に着目

 マックス・ウェーバーの主著『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(以下『プロ倫』)は社会科学の古典の一つである。しかし難解な『プロ倫』が何を主張しているのか、その主張は実証されうるのかという基本的なところが、今でも論争の的である。その『プロ倫』の論理を解剖したのが本書である。

 本書は『プロ倫』のプロテスタンティズムの倫理には二つの要素があると言う。一つは神のために人間の生活を合理的に編成するというものである。この考えはカルバン派に代表される「二重予定説」(救われる人間と救われない人間の両方を神はあらかじめ決めているという神学的主張)から派生したものである。

残り823文字(全文1161文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事