国際・政治エコノミストオンライン

持続可能な経済社会目指す EUの「タクソノミー法案」=金子寿太郎

    ルール作りのかじ取り役を担うフォンデアライエン次期欧州委員長(Bloomberg)
    ルール作りのかじ取り役を担うフォンデアライエン次期欧州委員長(Bloomberg)

     タクソノミー法案が生まれた背景から説明しよう。

     EUは、2015年のパリ協定あるいは国連の持続可能な開発目標(SDGs)の合意以降、持続可能な経済の実現に向けた対応を本格化させている。今後5年間のEUのかじ取りを担うフォンデアライエン次期欧州委員長は、5月の欧州議会選挙で環境系会派を躍進させたEU市民の意向を受け、温室効果ガスの排出量を30年までに1990年比50%削減した上で、50年までに同ガスの排出量を実質ゼロにするという目標を掲げた。これを実現するために、具体的なEU版グリーンディール政策を就任から100日以内に発表すると公約している。

     もっとも、それには技術開発、インフラ開発、助成金などに巨額の資金が必要となる。年間2900億ユーロ…

    残り3987文字(全文4312文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット