教養・歴史書評

調査データと精緻な分析で「右傾化」の実相に迫る=荻上チキ

    ×月×日

    『日本人は右傾化したのか』(田辺俊介編著、勁草書房、3000円)はとてもタイムリーな一冊だった。雑誌『Newsweek』に、「嫌韓の心理学」を寄稿するというタイミングで読んだことも影響しているかもしれないが、精緻な分析がすっと入ってきた。

     計量社会学を専門とする田辺俊介が編著者となっている本書は、この10年間で行われた大規模調査データを、複数の研究者が分担して分析したものとなっている。漠然と口にされることの多い、「日本の右傾化」という言説について、主に社会学的な概念整理に基づき、細かく整理しながら解き明かしていく。

     例えば「国家」への意識を見ると、出生や祖先を重視し、日本を「単一民族」としてイメージする人は3割程…

    残り1030文字(全文1344文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット