週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

WASHINGTON D.C. 飲食店でのストロー禁止 “微妙な味”する紙製は不評=中園明彦

     7月下旬、当地のレストランでアイスティーを注文した際、ストローが付いてこなかった。店員に尋ねると、初めて見るストローが出てきた。紙ストローだ。

     ここ数年、プラスチックが海洋汚染を引き起こしているとのニュースが大きく報道され、ストローがその象徴として問題視されたことを受け、スターバックスが提供廃止を発表した。このレストランもイメージアップのためかと聞いてみると、ワシントンDCでは今年1月に、レストランでのプラスチックストロー提供禁止条例が公布されていたことを知った。2014年に既に条例が制定されていたが、正式交付が今年までずれ込んでいた。レストランには半年間の猶予期間が与えられており、筆者がストローを必要とする飲料をほとんど頼まないため、それまで気付いていなかったようだ。

     7月1日からは条例が全面施行された。全米で同様の規制に踏み切った自治体は、サンフランシスコ市が最初で、ワシントンは2番目。紙ストローも原則として禁じるサンフランシスコ市には後れを取るが、連邦政府のお膝元として環境に優しいイメージを作り出したい思いがあったのかもしれない。

    残り850文字(全文1326文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット