資源・エネルギーワシントンDC

風力発電の存在感高まるも 失効迫る再エネの連邦補助=川上直

    とにかくスケールが大きい(カンザス州)
    とにかくスケールが大きい(カンザス州)

     遅めの夏休みを利用して、8月の終わりに西海岸カリフォルニア州を訪れた。レンタカーで、周囲に何もない真っすぐな道路を運転していると、大きな風力発電サイトが現れた。日本でも同じ光景を目にするが、規模が全く違った。走れども走れども、いったい何台あるのかというほどの風車の数だ。環境意識の高いカリフォルニア州だからなのかとも思ったが、とにかくスケールの大きさに驚いた。

     米国は中国に次ぐ世界第2位の風力発電容量を誇り、エネルギー省のデータによれば、2018年末で設備容量は9万6000メガワットに達している。直近では、米国全体の発電量の約20%が水力発電を含む再生可能エネルギー由来で、6・5%が風力発電によるものだ。

    残り1024文字(全文1330文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事