国際・政治ワシントンDC

軍事依存の外交へ疑義 出色の新研究所が始動へ=井上祐介

    軍事は最終手段(Bloomberg)
    軍事は最終手段(Bloomberg)

     ワシントンDCは「連邦政府の街」であると同時に、多くのシンクタンクが拠点を置く「アイデア」の街でもある。この「アイデア」の街で今注目されているのは、今年11月創設予定の「クインシー・インスティテュート(クインシー研究所)」だ。ボストン大学のアンドリュー・バセビッチ教授が社長となり、同氏を含む5人の外交専門家が共同創設者となっている。

    「クインシー」という名前は、ジョン・クインシー・アダムズ第6代大統領に由来する。同氏は1821年に「米国は怪物を退治するために海外に行くことはない」と発言しており、クインシー研究所も、軍事力に過度に依存した、介入型の外交政策に疑問を投げかける。

    残り1011文字(全文1301文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事