国際・政治ワシントンDC

外交官が大統領に「反乱」 深まるウクライナ疑惑=古本陽荘

    日本と異なり、政権トップへのそんたくなし?(ヨバノビッチ氏)(Bloomberg)
    日本と異なり、政権トップへのそんたくなし?(ヨバノビッチ氏)(Bloomberg)

     トランプ大統領がウクライナへの軍事支援を凍結し、政敵のバイデン前副大統領と次男のスキャンダルの捜査を求めたとされる「ウクライナ疑惑」が予想外の展開を見せている。野党・民主党が主導する下院委員会の弾劾訴追の審査について、トランプ氏は共和党の意向を無視した「憲法違反」と訴え、行政府は一切協力しないと宣言した。ところが、下院の証言要請に対し、現・元職外交官らが大統領指示を無視し、克明に証言を始めたのだ。

     焦点となったのは7月25日のトランプ氏とウクライナのゼレンスキー大統領の電話だった。トランプ氏は「…

    残り1068文字(全文1319文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット