週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

人手不足解消する最低賃金引き上げ=塚崎公義

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

    “労働の値段”を「均衡賃金」に

     人手不足が日本経済の大きな課題として取り上げられるようになってから久しい。

     安倍晋三政権は労働力不足の解消のために外国人労働者の受け入れ拡大を定めた改正入国管理法を成立させ、同法は今春から施行された。

     外国人労働者受け入れの是非については本稿では取り上げないが、本来、人手不足は国内で解消できる問題である。それは労働力の需給で決まる「均衡価格」に対する労使双方の“理解不足”などから起きる問題であるからだ。

    残り2251文字(全文2470文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット