週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

「水産エコラベル」浸透しない日本=小川健

    東京五輪では国内基準を採用

     水産資源の枯渇が叫ばれて久しい。日本でもなじみの深い太平洋クロマグロやニホンウナギは既に絶滅危惧種であり、今年「不漁」と報じられたものだけでも、カツオやサンマなどの身近なものを含め、数多くある。豊洲市場の三代目仲卸・生田與克氏の著書『あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか』は、乱獲により居酒屋のホッケが小さくなったことを広く周知させたとして、関係者に衝撃を与えた。

     いま水産業で必要とされているのは、資源の管理だ。消費者が水産資源の保護に配慮した商品かどうかを見分…

    残り2410文字(全文2665文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット