週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

「水産エコラベル」浸透しない日本=小川健

     水産資源の枯渇が叫ばれて久しい。日本でもなじみの深い太平洋クロマグロやニホンウナギは既に絶滅危惧種であり、今年「不漁」と報じられたものだけでも、カツオやサンマなどの身近なものを含め、数多くある。豊洲市場の三代目仲卸・生田與克氏の著書『あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか』は、乱獲により居酒屋のホッケが小さくなったことを広く周知させたとして、関係者に衝撃を与えた。

     いま水産業で必要とされているのは、資源の管理だ。消費者が水産資源の保護に配慮した商品かどうかを見分ける判断材料の一つに、水産エコラベルがある。天然漁業では英国発祥の水産エコラベルである「MSC」、アイスランドの「責任ある漁業プログラム(IRF)」などが知られる。養殖では、周囲の環境や餌などへの配慮を示す米国発の「BAP」、オランダに拠点のある水産養殖管理協議会の「ASC」やドイツの「Global…

    残り2273文字(全文2665文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット