週刊エコノミスト Online東奔政走

無派閥閣僚に透ける「スガ印」 権勢極めた菅氏の焦りと迷い=伊藤智永

     菅義偉官房長官は並外れた面倒見の良さに加え、気配りのこまやかさで相手に恩義と好印象を植え付ける名人である。菅グループに属する自民党の若手A議員は、ある年の予算編成期に、某業界団体の顔役から泣きつかれた。

    「今のままでは要望が通りそうにない。何とかならないか」

     財務省主計官を呼びつける力がないA議員は、菅氏にこぼした。翌日、顔役は面識のなかった菅氏に呼び出され15分面会。陳情の数日後、予算が付きそうだと連絡が入った。顔役がお礼のため飛んでいくと、逆に菅氏に頭を下げられ、こう言われたという。「いや、これはAの仕事です。今後ともAをよろしく」

     顔役とA議員が「出来た人だ」と菅氏をほめちぎり、よそでも吹聴したのは言うまでもない。そんな議員が何…

    残り1709文字(全文2030文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット