週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 国家が破産する日 史実をベースにヒロイン降臨 経済危機スリリングに描く傑作=寺脇研

    この映画ばかりは、映画評論家のわたしより本誌読者の皆さんの方が理解度が高いはずである。出てくる経済関係用語で、外貨準備高、IMFくらいはなんとかわたしにも解(わか)るが政策金利あたりになると怪しくなり、ロールオーバー、与信、通貨スワップ、ジャンクボンドとなるとお手上げでGoogleのお世話になるしかない。

     でも、国家が破産する危機の重大さは、映画の展開から十分伝わってくる。冒頭、1990年代韓国の経済繁栄がドキュメント風に示され、96年、日本に次ぎアジア2番目のOECD加盟国となった栄光が描かれるのだが、1年後に一転、奈落へと堕(お)ちていく。中央銀行である韓国銀行の総裁が深刻な通貨危機に初めて気づいたときには、国家破産に至る日まであとわずか7日間しかなかったのだ。

    残り814文字(全文1151文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット