週刊エコノミスト Onlineアートな時間

舞台 「東京芸術祭2019」 従来の価値観に更新迫る問いかけとしての芸術祭=濱田元子

    どことなく猥雑(わいざつ)なイメージのあった東京・池袋(豊島区)が、芸術文化を発信する劇場都市へと変貌しつつある。

     きっかけは2014年、日本創生会議が豊島区を東京23区では唯一「消滅可能性都市」に挙げたこと。その危機感をバネに、持続発展都市を目指した取り組みの一つが、文化の力を生かした都市再生だ。

     来年には「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして、旧区庁舎・公会堂跡地に八つの劇場を備えた複合商業施設「Hareza(ハレザ)池袋」がオープンする。

     そんな池袋地区で開催されているのが今年4年目となる「東京芸術祭2019」だ。野田秀樹の「Q:A Night At The Kabuki」や独トーマス・オスターマイアーの「暴力の歴史」といった国内外の話題作のほか、国際共同制作作品、伝統芸能などのプログラムが並ぶ。Hareza内で先行オープンする「東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)」も会場となる。

    残り744文字(全文1158文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット