週刊エコノミスト Online独眼経眼

高齢者1人当たり雇用者所得が増加=斎藤太郎

    (注)雇用者所得=1人当たり×雇用者数 (出所)厚生労働省「賃金構造基本統計」「毎月勤労統計」、総務省統計局「労働力調査」より筆者作成
    (注)雇用者所得=1人当たり×雇用者数 (出所)厚生労働省「賃金構造基本統計」「毎月勤労統計」、総務省統計局「労働力調査」より筆者作成

     企業の人手不足感が強まるなか、雇用者数は女性、高齢者を中心に増加している。雇用者数は2013年から18年までの6年間で432万人増加したが、そのうち236万人、半数超を65歳以上の高齢者が占めている。15~64歳では、男性が9万人減少しているのに対し、女性は205万人増加している。

     高齢者はパートタイムや嘱託など非正規の雇用形態で働く人が多いこともあり、相対的に賃金水準は低いが、雇用者数が大幅に増加したことにより、高齢者の雇用者所得は大幅に増加している。

     厚生労働省の「賃金構造基本統計」「毎月勤労統計」、総務省統計局の「労働力調査」を基に年齢階級別の雇用者所得(1人当たり賃金×雇用者数)を試算したところ、18年の雇用者所得は全体では00年とほとんど変わっていないにもかかわらず、60~64歳では1・7倍、65歳以上では2倍以上に増えている(図1)。

    残り672文字(全文1051文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット