週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

フィリピン ダバオ市IT業務の受け皿活況=竹内悠

    不動産市場の盛り上がりが続く(Bloomberg)
    不動産市場の盛り上がりが続く(Bloomberg)

     ドゥテルテ大統領が市長を務めていた南部ミンダナオ島ダバオ市で、不動産市場が活況を呈している。主力産業のITビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)の受け皿となり、オフィスと住宅の双方で需要が拡大しているためだ。

     地場の不動産サービス会社プライム・フィリピンによると、2018年の同市のオフィス供給面積は20万平方メートルで、12年比で1・8倍。不動産開発大手メガワールドが手掛けた大型オフィスの完成などが全体…

    残り313文字(全文521文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット