国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 広がる「風船飛ばし」の規制=冷泉彰彦

    全面的な禁止は酷だとの声もある(Bloomberg)
    全面的な禁止は酷だとの声もある(Bloomberg)

     米国では、誕生日パーティーなどのイベントで、ヘリウムなど空気より軽い気体を充填(じゅうてん)したゴム風船を飛ばす「ゴム風船飛ばし」が人気だ。もちろん、ニューヨークも例外ではない。しかし、鳥類などが誤飲して生態系に悪影響が及ぶことや高圧電線に絡まることで送配電網の障害を引き起こすとして、このゴム風船飛ばしを禁止する動きが広まっている。

     カリフォルニア州などが「風船飛ばし」を禁止と定めたほか、1回25個以上の風船飛ばしを禁じていたニューヨーク州サフォーク郡では現在、一切の風船飛ばしを禁止することを検討しているという。

    残り247文字(全文507文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事