教養・歴史著者に聞く

『国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか』 著者・デービッド・アトキンソンさん

    ◆著者 デービッド・アトキンソンさん(小西美術工藝社社長)

    淘汰ではなく、合併を 生産性向上の鍵握る中小企業

     低迷する日本経済の原因と改革案を、ズバリと書いた本である。

    「現在の日本企業は生産性が非常に低く、そのため最低賃金が上がりません。元凶は中小企業が多すぎることにあります」

     中小企業の努力こそが日本経済を走らせてきた。多くの人がそう信じてきたが、中小企業が活躍できたことには明らかな理由があり、しかも昔からそうだったわけではない。

    「1963年に中小企業基本法が成立し、国は手厚い保護政策を打ち出しました。そこで補助金目当ての企業が増え、非効率的で生産性の低い産業構造になってしまいました」

    残り1037文字(全文1333文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事