週刊エコノミスト Onlineアートな時間

美術 コートールド美術館展 魅惑の印象派 美術史を彩る名作が目白押し 近代都市パリの婚活風景?=石川健次

    20世紀初頭、レーヨンの製造・国際取引で莫大(ばくだい)な富を得た英国の実業家、サミュエル・コートールド(1876~1947年)が築いたコレクションを中核に32年に創設されたのが、コートールド美術館(ロンドン)だ。

     モネら印象派やセザンヌらポスト印象派の評価が英国ではまだ定まっていなかった当時、自身の審美眼と見識でコートールドはそれらの収集に意欲を燃やした。今日、「英国が世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂」と同美術館が呼ばれる礎を築いたばかりか、英国で印象派やポスト印象派が確固たる評価を得てゆく大きな一助ともなった。

     同美術館から印象派やポスト印象派などよりすぐられたフランス近代絵画、彫刻を紹介するのが本展だ。何は…

    残り982文字(全文1294文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット