週刊エコノミスト Onlineアートな時間

舞台 吉例顔見世大歌舞伎 梅雨小袖昔八丈 髪結新三=小玉祥子

    髪結新三を演じる尾上菊五郎  写真提供 松竹
    髪結新三を演じる尾上菊五郎 写真提供 松竹

    小悪党かつ気風のいい男ぶり あたり役の尾上菊五郎に期待

     河竹黙阿弥の人気作品「髪結新三」の主人公、新三を、東京・歌舞伎座の11月公演「吉例顔見世大歌舞伎」であたり役とする尾上菊五郎が演じている。

     店を持たずに、商家をまわって髪を結う新三は、出入りする材木商、白子屋の娘お熊と手代(使用人)の忠七が恋仲と知る。ひともうけをたくらんだ新三は忠七をそそのかしてお熊をかどわかし、自宅に監禁する。新三は白子屋の意を受けて掛け合いに来た親分、弥太五郎源七に恥をかかせて追い返す。だが、続いて現れた家主の長兵衛にはやり込められてしまう。

     初演は明治6(1873)年で五世尾上菊五郎が新三をつとめた。新三は、その後、五世の子の六世菊五郎から二世尾上松緑(しょうろく)、十七世中村勘三郎へと受け継がれた。現菊五郎は1994年に初演した。

    残り839文字(全文1199文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事