週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 テルアビブ・オン・ファイア パレスチナ問題を笑い飛ばす図太くユーモアあふれる注目作=野島孝一

    (c)Samsa Film - TS Productions - Lama Films - Films From There - Art e mis Productions C623
    (c)Samsa Film - TS Productions - Lama Films - Films From There - Art e mis Productions C623

     パレスチナ出身、コロンビア大学で学んだサメフ・ゾアビ監督の作品。第75回ベネチア国際映画祭で作品賞を受賞した。通俗的なテレビドラマを介して、イスラエルとパレスチナの現状を皮肉ったオリジナリティーの高い映画だ。

     イスラエルのエルサレムに住むパレスチナ人のサラーム(カイス・ナシェフ)は叔父がプロデューサーを務めるパレスチナのテレビドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の現場で働いている。雑用係とヘブライ語の監修が仕事だ。「テルアビブ・オン・ファイア」は、1967年のテルアビブでパレスチナの女スパイが、イスラエル軍の機密を探るためにイスラエルの将校を誘惑するというサスペンス・メロドラマだ。

     ドラマでは女スパイ役はフランスの人気女優タラが演じている。タラ役はルブナ・アザバル。彼女はベルギー…

    残り808文字(全文1153文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット