週刊エコノミスト Online書評

アメリカ #Me Too 動かした若きジャーナリスト=冷泉彰彦

     ローナン・ファローという31歳のジャーナリストの著書『キャッチ・アンド・キル どう猛な悪を守ったウソとスパイと陰謀の数々(原題"Catch and Kill: Lies, Spies, and a Conspiracy to Protect Predators")』が売れている。10月15日に発売されたばかりだが、アマゾンでは「最も売れた本」のランキングでいきなり1位に躍り出た。

     著者は、映画監督のウディ・アレンを父に、女優のミア・ファローを母に持つ。こう紹介すると芸能界のサラブレッドに見えるが、その家庭環境は単純ではない。父のアレンについては、ミアの養子でローナンの姉にあたるスン・イ氏をアレンが妻にしたことに強く反発し、息子であるローナンは父子の縁を切っている。一方でアレンの側は、ローナンが生まれた際にはミアが歌手の故フランク・シナトラとの関係が続いていたとして、ローナ…

    残り601文字(全文993文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット