週刊エコノミスト Online論壇・論調

米でグローバル化の功罪議論 製造業や労働者は“犠牲者”か=岩田太郎

    保護主義は米労働者にさらなる被害(Bloomberg)
    保護主義は米労働者にさらなる被害(Bloomberg)

     トランプ米大統領は9月24日の国連総会演説で、「賢い指導者はいつも自国民と自国の利益を最優先に考える。未来はグローバル主義者のものではなく、愛国者のものだ」と主張し、改めてグローバル化を攻撃した。経済や安全保障面から過去数十年のグローバル化の功罪を振り返る議論が盛んになっている。

     ニューヨーク市立大学のポール・クルーグマン教授は10月10日付のブルームバーグ論説サイトで、「グローバル化が急速に進行した1990年代初頭の研究で、『貿易の増大が経済格差の拡大に及ぼす影響は、わずかなものにとどまる』との誤った合意を形成した学者の一人として、何を見過ごしたかを振り返りたい」と自己批判した。

     クルーグマン教授は、「90年代初頭、途上国からの輸入増大は比較的小規模であり、米国の賃金を押し下げ…

    残り1003文字(全文1348文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット