国際・政治論壇・論調

英首相と議会の深い亀裂 欧州諸国「離脱の混乱は茶番」=熊谷徹

    アイルランドの国境問題は合意したが・・・・・・(Bloomberg)
    アイルランドの国境問題は合意したが・・・・・・(Bloomberg)

     英国の欧州連合(EU)離脱で、欧州論壇は「ジョンソン首相がEUとの離脱協定案の修正に合意したことは大きな前進」としながら、先行きは不透明という見方を強めている。

     英BBCは、10月17~21日付電子版で「英国政府は離脱協定の難関となっていた、英領北アイルランド地区と(EU加盟の)アイルランド共和国との国境問題をめぐってEUと合意した」と報じた。BBCは「合意のポイントは、関税検査を二つの地区の間ではなく、英国本土に面したアイルランド島の東海岸で実施する点だ。英国から送られた物資には、東海岸での陸揚げ時に一律に関税がかけられる。しかし北アイルランド向けの物資については、輸出企業は関税の還付を受ける。これによって北アイルランド地区とアイルランド共和国の間で関税検査が行われて物流が滞ったり、島が分割されたりする危険は減った」と指摘した。

     また、「これまでの協定案が、英国全体をEUの関税同盟にとどめると規定していたのに対し、新合意は北ア…

    残り934文字(全文1355文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット