週刊エコノミスト Online独眼経眼

停戦は米国経済悪化を止められるか=藻谷俊介

    (注)季節調整値 (出所)財務省よりスフィンクス・インベストメント・リサーチ作成
    (注)季節調整値 (出所)財務省よりスフィンクス・インベストメント・リサーチ作成

     米中貿易戦争が、部分的とはいえ停戦のような状態になり、「早急に妥結しないと取り返しのつかないことになる」と警告してきた筆者も、とりあえずは安堵(あんど)している。米連邦準備制度理事会(FRB)も3度目の利下げを決定し、市場はリスクが減ったことに胸をなで下ろしているように見える。

     しかし、このあやふやな安心感はこれまで何度も味わったものであり、我々はそれらがトランプ米大統領のツイート一つで容易に覆されることも知っている。そしてこの間も、世界的な景気指標の悪化は進んだ。重要なことは、貿易戦争の停戦が遅すぎはしなかったか、そして高関税を残したままの停戦で世界経済を底入れできるのか、という2点である。

     残念ながら、筆者の答えは「すでに手遅れである可能性が残る」だ。最近発表されたデータの中で特にショッキングだったのは、今年9月の日本の貿易統計だ。図1は日本の対米輸出額の季節調整値だが、真っ逆さまに落ちていることが分かる。ピークは今年4月、貿易戦争の拡大を告げた5月のトランプツイートの直前だ。

    残り619文字(全文1067文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット