週刊エコノミスト Online独眼経眼

弊害見え始めた米国低金利=渡辺浩志

     米国の10年国債利回りは、昨秋の3・2%をピークに低下し、この8月には一時1・5%を割り込んだ。足元では1・9%前後まで戻したが、4%台の名目経済成長率に比べるとまだ大分低い。

     昨今は、トランプ政策の不確実性を背景に市場の「不安心理」や「金融緩和期待」が高まり、こうした捉えどころのないものによって米金利は押し下げられてきた。そのため景気の現状とは不釣り合いな低金利が生じ、これがいま米国内の投資行動を刺激し始めている。事実、最近では金利に敏感な住宅投資の回復が目に付く。

     米国では住宅販売の9割が中古だ。米国人は中古住宅を購入し、リフォームで価値を高め、価格が上がれば転…

    残り788文字(全文1075文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット