週刊エコノミスト Online独眼経眼

弊害見え始めた米国低金利=渡辺浩志

     米国の10年国債利回りは、昨秋の3・2%をピークに低下し、この8月には一時1・5%を割り込んだ。足元では1・9%前後まで戻したが、4%台の名目経済成長率に比べるとまだ大分低い。

     昨今は、トランプ政策の不確実性を背景に市場の「不安心理」や「金融緩和期待」が高まり、こうした捉えどころのないものによって米金利は押し下げられてきた。そのため景気の現状とは不釣り合いな低金利が生じ、これがいま米国内の投資行動を刺激し始めている。事実、最近では金利に敏感な住宅投資の回復が目に付く。

     米国では住宅販売の9割が中古だ。米国人は中古住宅を購入し、リフォームで価値を高め、価格が上がれば転…

    残り788文字(全文1075文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット