週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

「テレビ」が生き残るには=石田潤一郎

    テレビが視聴者を引き留めるには… Bloomberg
    テレビが視聴者を引き留めるには… Bloomberg

     IT革命の影響はほぼ全ての産業に及ぶが、その中でも今後最も大きな影響を受ける可能性があるのがテレビ業界だ。インターネットの台頭は民放を主とするテレビ業界の競争環境を一変させた。通信インフラの拡充で、ネット上で番組を提供するネットフリックスやアマゾン・プライム・ビデオ、Hulu(フールー)のような「OTT(Over The Top)」と呼ばれるサービスも、競合相手として台頭している。こうした変化はテレビ業界のビジネスモデルに修正を迫るだろう。

     最初にテレビ業界の収益構造を概観しよう。この市場では、消費者である視聴者は費用負担をせず、代わりにスポンサーが出資をしている。つまり、テレビ局は視聴者とスポンサーが出会う「プラットフォーム」を提供することで収益を得ていると言える。このように異なる集団を引き合わせるプラットフォームを介した市場は、潜在的な課金対象が複数存在することから両面市場と呼ばれる。ショッピングモール、クレジットカード、パソコ…

    残り2196文字(全文2619文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット