国際・政治エコノミストオンライン

混迷のイスラエル組閣 湾岸諸国との融和が停滞=玉木直季

    「青と白」への支持は集まったが・・・・・・(Bloomberg)
    「青と白」への支持は集まったが・・・・・・(Bloomberg)

     サウジアラビアなど中東のイスラム教国で売られている地図にはイスラエルという国が存在しない。世界的にイスラエルと記されるその場所には、大きくパレスチナと書かれているのである。

     怨念(おんねん)を体現するかのように、イスラエルとアラブ諸国は数次の戦闘を繰り広げてきた。しかし、大きな武力衝突は1973年の第4次中東戦争以来起きていない。

     イスラエルは安全保障の多くを米軍に頼ってきた。しかし、近年、米国は中東撤退を加速している。2015年の時点では4万人弱だった中東の米兵は18年時点で1万9000人、さらに撤退が進む中、今年10月にシリアからの撤退を正式発表したのは記憶に新しい。そして、米国に代わって中東への関与を強めているのがロシアだ。現地への軍の駐留など、米国のように資金力が必要な安全保障を提供できないロシアは、政治力に加えて…

    残り2056文字(全文2423文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット