週刊エコノミスト Online東奔政走

「桜を見る会」で野党結束 カギ握る共産と保守政治家=高塚保

    野党の結束で中止に追い込まれた「桜を見る会」(2017年4月、東京都新宿区の新宿御苑で)
    野党の結束で中止に追い込まれた「桜を見る会」(2017年4月、東京都新宿区の新宿御苑で)

     長期政権の緩みあるいはゆがみが表れたのだろうか。歴代首相が毎年春に東京・新宿御苑で開催してきた「桜を見る会」の不透明さを野党が結束して追及し、安倍政権は来年度の同会の中止に追い込まれた。何かと足並みがそろわない野党にとっては、一丸となって安倍晋三首相という政権の本丸に切り込める格好の材料。野党の長期戦を辞さない構えに、首相は早期幕引きを図るものの、火は簡単には消えそうにない。

    残り1859文字(全文2049文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット