国際・政治東奔政走

米国の「法外な要求」に翻弄される日韓関係=伊藤智永

    日米同盟のあり方自体が課題に? (Bloomberg)
    日米同盟のあり方自体が課題に? (Bloomberg)

     韓国が11月22日、日本との「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA(ジーソミア))を失効寸前で継続し、世界貿易機関(WTO)に日本を提訴する手続きも停止すると表明した際、首相官邸や外務省、経済産業省の高官らは「日本は何も譲歩していない。韓国側のベタ折れだ」と口々にコメントし、「日本の勝利」を印象づけようとした。

     正確には、韓国は「破棄通知の効力を停止」しただけで、いつでも「停止解除」できるモラトリアム状態にある。一方、「停止」ではなく完全に「中止」する条件として韓国が撤回を要求していた「ホワイト国外し」について、日本は韓国との政策対話に応じ、半導体製造関連3品目の輸出管理は「韓国側の適切な運用により見直しの検討が可能になる」と表明した。実質的に妥協している。

    残り1780文字(全文2114文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事