週刊エコノミスト Online独眼経眼

増税前駆け込み需要は前回の4割=斎藤太郎

    (注)ニッセイ基礎研究所による試算値 (出所)内閣府「四半期別GDP速報」
    (注)ニッセイ基礎研究所による試算値 (出所)内閣府「四半期別GDP速報」

     2019年7〜9月期の国内総生産(GDP)統計では、消費増税前の駆け込み需要を主因として個人消費が前期比0・4%の増加となったが、前回の消費増税前(14年1〜3月期)の同2・0%を大きく下回った。

     現時点では、データの制約などから消費増税前の駆け込み需要の正確な規模を把握することは困難だが、簡便的な方法で駆け込み需要の大きさを試算した。家計消費支出(耐久財、半耐久財、非耐久財)について、消費税率引き上げの半年前までのデータをもとに、HPフィルターと呼ばれる手法でトレンドだけを抽出し、それを上回る部分を駆け込み需要とした。

     こうして求めた今回の駆け込み需要は、家計消費支出全体で0・9兆円(19年4〜6月期、7〜9月期の合計)となった。形態別では耐久財が0・6兆円、半耐久財が0・2兆円、非耐久財が0・1兆円だった。前回の消費増税前は家計消費支出全体で2・2兆円、耐久財が1・2兆円、半耐久財が0・8兆円、非耐久財が0・3兆円(図1)となっている。

    残り636文字(全文1063文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット