教養・歴史書評

アメリカ 前国連大使のトランプ称賛本、その真意は?=冷泉彰彦

     ニッキー・ヘイリー氏といえば、インド系の女性として常に共和党の次世代リーダーと目される一人だ。移民2世として、保守的な南部サウスカロライナ州の知事に当選。トランプ政権の発足に伴い、閣僚級の扱いを受ける国連大使を務めた。

     任期中のヘイリー氏は、例えばシリアのアサド大統領に対してはEU諸国などと協調して厳しい姿勢を取るなど、アメリカの伝統的な外交を展開する一方で、トランプ大統領の指示が出るとこれには忠実に従っていた。そのヘイリー氏は2018年末に国連大使を突然辞任している。その際には大統領への抗議の辞任であるとか、大統領の無謀な外交に巻き込まれるのを嫌ったのだろうなどと、さまざまな臆測がされていた。

     そのヘイリー氏の自伝「心からの尊敬を込めて、勇気と品格とともにアメリカを守り抜く("With Al…

    残り603文字(全文955文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット