教養・歴史書評

アメリカ 前国連大使のトランプ称賛本、その真意は?=冷泉彰彦

 ニッキー・ヘイリー氏といえば、インド系の女性として常に共和党の次世代リーダーと目される一人だ。移民2世として、保守的な南部サウスカロライナ州の知事に当選。トランプ政権の発足に伴い、閣僚級の扱いを受ける国連大使を務めた。

 任期中のヘイリー氏は、例えばシリアのアサド大統領に対してはEU諸国などと協調して厳しい姿勢を取るなど、アメリカの伝統的な外交を展開する一方で、トランプ大統領の指示が出るとこれには忠実に従っていた。そのヘイリー氏は2018年末に国連大使を突然辞任している。その際には大統領への抗議の辞任であるとか、大統領の無謀な外交に巻き込まれるのを嫌ったのだろうなどと、さまざまな臆測がされていた。

 そのヘイリー氏の自伝「心からの尊敬を込めて、勇気と品格とともにアメリカを守り抜く("With All Due Respect: Defending America with Grit and Grace")」は、発売と同時にアマゾンの「最も売れた本」ランキングで3位をキープするなど話題となっている。

残り502文字(全文955文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事