週刊エコノミスト Online論壇・論調

香港区議選、民主派が圧勝 「抗議は外国の陰謀ではない」=坂東賢治

    抗議活動が沈静化するかは不透明だ(Bloomberg)
    抗議活動が沈静化するかは不透明だ(Bloomberg)

     11月24日投開票の香港の区議会(地方議会)選挙で民主派が452議席の85%を獲得する地滑り的な勝利を収めた。「逃亡犯条例」改正案に端を発した抗議行動への市民の支持が明確に示された。

     香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニングポスト』は社説(11月26日)で投票総数が前回から倍増し、投票率も過去最高の71%に達したことを評価し、「香港市民は歴史を作った」と位置づけた。区議会は日常的な行政サービスや公共事業などについて香港政府に提言することが主な機能だが、議員は香港で最も民主的な「1人1票」の直接選挙で選ばれる。今回は住民投票的な意味を持った。

     民主派は警察の暴力に対する独立調査委員会の設置、行政長官と立法会(議会)への普通選挙導入など「5大要求」の実現を掲げ、親中派を圧倒。得票率は民主派51%、親中派40%だが、小選挙区制のため議席差はそれ以上に広がった。それまで7割を占めていた親中派の議席は59に減り、惨敗した。警察に厳しい取り締まりを指示してきた林鄭月娥行政長官とその背後にいる中国に不信任が突きつけられたともいえる。

    残り874文字(全文1341文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット