週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

韓国 ロボが目の前で麺を調理=趙章恩

    すっかり人気者(筆者撮影)
    すっかり人気者(筆者撮影)

    ロボットが目の前で調理するレストランがソウル市に登場した。大手外食チェーン「CJフードヴィル」が運営するビュッフェの麺コーナーでは、LG電子製の調理ロボットが活躍する。利用客が好みの野菜を選んでボウルに入れて渡すと、ロボットが目の前で野菜と麺をゆでておわんに入れ、だし汁を注ぎ客に渡す。所要1分。動きは柔らかくスムーズだ。

     実際のシェフの動きをロボットにまねさせる制御技術と、調理器具や皿を落とさないようアームの先端部分を自ら替えるスマートツールチェンジ技術が特徴だ。CJフードヴィルは、単純ではあるが、やけどやけがをするおそれがある作業はロボットに任せ、従業員は接客に集中し、より良質なサービスを提供していく計画だ。

    残り207文字(全文516文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット