週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

オランダ 温室効果ガス90年比49%減へ=高橋由篤

    スキポール空港で活用されている電気自動車カーシェア。脱炭素社会を目指す(筆者撮影)
    スキポール空港で活用されている電気自動車カーシェア。脱炭素社会を目指す(筆者撮影)

     オランダ政府は2030年までに温室効果ガスを1990年比で49%削減する総合環境対策「国家気候協定」を議会に提出した。

     協定ではビル、住宅などの暖房効率向上のための改修の補助金や再生可能エネルギーの利用促進、電気自動車購入者への税制優遇といった幅広い対策が盛り込まれている。対策にかかる財源は炭素税の導入などによりまかなうという。

     脱炭素社会の実現に向けて高い目標を掲げているオランダだが、同国環境評価庁が発表した報告書によると、30年の温室効果ガス削減は90年比28〜39%減の予測で、49%減の目標達成に向けての道のりは険しい。

    残り225文字(全文492文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事