週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

世界債務2京円で迎える金利上昇=市岡繁男

 米国の長期金利ピークは約60年ごとにつけており、いずれも戦争や動乱が関係している(図1)。ナポレオン戦争や南北戦争、第一次世界大戦やイラン革命がその要因だ。これに対し、金利底打ちの周期ははっきりしない。金利反転のきっかけも1941年(太平洋戦争)は明らかだが、1824年はよくわからない。

 問題は1899年である。19世紀後半は1871年から始まる第2次産業革命の影響で生産力が上昇し、物価も金利も傾向的に低下した(図2)。それが19世紀末から金利が…

残り340文字(全文566文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事