週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

債務残高に連動する原油価格=市岡繁男

    「石油関連業界の資産規模は22兆ドル(約2400兆円)。これは巨大なサブプライムローン(信用力の低い個人向けの住宅融資)のようなもので、バブル崩壊の危機に直面している」。アル・ゴア元米副大統領が英『フィナンシャル・タイムズ』紙に語ったこの言葉は重い。

     株価が高騰する米国だが、石油株だけは年初来でマイナスだ。石油業界は価格の低迷で資金回収の見込みが乏しいのだとしたら、世界は恐慌の瀬戸際にあるのかもしれない。

     では、なぜ石油の価格は上昇しないのか。省エネ技術の発展もさることながら、債務の拡大が限界に達しているのだと筆者は見る。政府や企業、家計は借金をテコに投資や消費を行ってきた。いわば借金が経済発展の原動力となってきたわけで、結果的に石油の需要も増加する。主要20カ国(G20)の債務残高と原油価格(ともに前年同月比)が連動していることはその証左だ(図1)。

    残り170文字(全文551文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット