週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

応益原則逸脱のふるさと納税=島村玲雄

    (注)単位:円 (出所)総務省資料より筆者作成
    (注)単位:円 (出所)総務省資料より筆者作成

    詳しくはこちら

     ふるさと納税による寄付総額は増加の一途をたどるが、ゆがんだ政策となってはいないだろうか。総務省「ふるさと納税に関する現況調査結果」 によれば、2018年度のふるさと納税額は3481億円に上り、ふるさと納税の利用者は約300万人まで増加している。寄付金受け入れ額最多は18年度497億円の大阪府泉佐野市であったが、19年6月より対象外とされ、国を相手取って提訴する事態となっている。

     ふるさと納税は「税」と銘打ってはいるが、基本的には、従来から認められている、公益法人や非営利法人などへの個人の寄付金を所得税から控除する寄付金税制の範囲を、自治体まで拡大し住民税からも控除するものだ。その意味では、非営利法人に対する寄付に寄付控除が適用される一方で、自然災害に見舞われた自治体に対する寄付金に寄付控除が適用されないことに対しては一定の整合性が求められるだろう。

    残り2250文字(全文2637文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット