【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治論壇・論調

EU離脱阻止を「打ち砕く」 英総選挙で保守党が勝利=増谷栄一

今後のEUとの協議は難航も予想される(Bloomberg)
今後のEUとの協議は難航も予想される(Bloomberg)

 12月12日に実施された英国の2019年総選挙は、ジョンソン首相が率いる与党・保守党の1987年以来の歴史的大勝利となった。翌13日には英ポンドが急伸。ロンドン株式市場も10年ぶりの大幅上昇となり、FTSE100種、250種総合株価指数の時価総額は合計で510億ポンドも膨らみ、歓迎ムード一色となった。

 英紙『ガーディアン』によると、マニュエル・バルス元仏首相は13日のツイッターで、「EU(欧州連合)離脱と英国の将来という極めて重要な問題に対し、労働党のコービン党首はジョンソン首相と真逆の立場を主張し、すべてを失った。もはや(EU離脱が)曖昧となる余地はない」と発信した。ポーランドのモラビエツキ首相も13日、EU本部で記者団に対し、「保守党の単独過半数は英国の政治が安定するという重要な意味がある…

残り1036文字(全文1389文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事