経済・企業2020 注目の技術&産業

eスポーツ 相次ぐ非ゲーム系企業の参入 地方創生の起爆剤としても期待=岡安学

    一つのイベントを見ても、多くの企業が協賛していることが分かる
    一つのイベントを見ても、多くの企業が協賛していることが分かる

    関連銘柄 トヨタ自動車、SMFG

     ここ2~3年で市場が急拡大している「e(エレクトロニック)スポーツ」という分野がある。コンピューターゲームやビデオゲームを使ったスポーツ競技のことだ。最近はメディアでも話題になることも多くなった。

     日本国内における2018年のeスポーツ市場の規模は、約48・3億円(図)。国内ゲーム市場が約1兆6000億円であることを考えると、市場規模としてはまだ小さいというのが現状だ。しかし、17年の約3・7億円から1年で13倍にも膨れ上がり、今後も毎年20%近い成長率が見込まれる。22年には約99億円に到達すると予測されており、4年で2倍以上の市場になる計算だ。市場規模以上に成長率に魅力があると言える。

    残り2826文字(全文3141文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット