国際・政治東奔政走

首相の本心は“解散せず禅譲”? 求心力維持に使われる「安倍4選」=高塚保

    麻生太郎財務相(右)の「安倍4選支持」発言は、首相の求心力を保つのが狙いか(Bloomberg)
    麻生太郎財務相(右)の「安倍4選支持」発言は、首相の求心力を保つのが狙いか(Bloomberg)

     令和初の正月を迎えた。日本のビッグイベントは夏の東京五輪・パラリンピックだが、米国ではやはり4年に1度の大統領選の年でもある。二つのビッグイベントはいやが応でも日本の政局に影響してくる。

     安倍晋三首相は2019年12月13日、東京都内で行った講演で衆院解散・総選挙について「国民の信を問うべき時が来たと判断すれば、ちゅうちょなく解散の決断をする」と語った。自らの任期中に解散するともしないとも言っていない表現だ。それだけに永田町には疑心暗鬼が広がる。

     衆院解散があるとすれば、最も早ければこの1月だろう。通常国会の冒頭に解散するか、事業規模で26兆円という19年度の補正予算案を成立させて1月末に解散し、2月に衆院選が行われるというスケジュールだ。

    残り1708文字(全文2033文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット