国際・政治東奔政走

英保守党の圧勝を横目に政権にくすぶる「1月解散」説=人羅格

    臨時国会閉会後、記者会見を終えて退出する安倍晋三首相(左)。会見の冒頭であえて「桜」の問題に触れなかった=12月9日
    臨時国会閉会後、記者会見を終えて退出する安倍晋三首相(左)。会見の冒頭であえて「桜」の問題に触れなかった=12月9日

     令和元年が暮れようとしている。安倍晋三内閣がある種の金属疲労を感じさせる中で迎える年の瀬だ。

     政権の緩みは相当のレベルに達している。そう感じさせる問題が国会閉幕後も起きた。

    『週刊文春』が和泉洋人首相補佐官と女性官僚の親密交際疑惑を報じた。公務で京都に出張した和泉氏と厚生労働省幹部が午後にデート、ほかにも逢瀬を重ねていたとされる。

     和泉氏は国土交通省出身。第2次安倍政権の発足時から首相補佐官を務め、菅義偉官房長官に近い事実上の「…

    残り1690文字(全文1906文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット