国際・政治東奔政走

「ポスト安倍」選び本格始動 「地味」な4人、首相の意図は?=伊藤智永

安倍晋三首相(後列左端)が名前を挙げた茂木敏充氏(同右端)、加藤勝信氏(前列右から2人目)、岸田文雄氏(同列右から3人目)。菅義偉氏も含めた4人とも「地味」だが……(国会内で2019年6月21日)
安倍晋三首相(後列左端)が名前を挙げた茂木敏充氏(同右端)、加藤勝信氏(前列右から2人目)、岸田文雄氏(同列右から3人目)。菅義偉氏も含めた4人とも「地味」だが……(国会内で2019年6月21日)

 安倍晋三首相は「ポスト安倍」選びへ本格始動した。昨年12月27日に収録されたBSテレ東の番組で、後継者候補の名前を初めて具体的に挙げたのだ。順に

◦岸田文雄自民党政調会長

◦茂木敏充外相

◦菅義偉官房長官

◦加藤勝信厚生労働相

の4人。「ぜひ競い合いながら、自民党にはたくさんの人物がいると国民に思っていただけたら」と述べた。コメントもあった。

 まず岸田氏。「外相として相当経験を積んだ。大変誠実で相手を尊重される方で、一緒にいると居心地がいいと感じる人が多い」

残り1788文字(全文2015文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事