週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 フォードvsフェラーリ 車の轟音と男たちの咆哮が響く 息つぐ暇もない傑作娯楽映画=芝山幹郎

    (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
    (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

     レースの描写が迫力満点で、人と人のぶつかり合いも素晴らしくダイナミックだ。これぞ古典的なアクション映画の王道だが、その充実ぶりは近年では珍しい。手に汗握るとか、血湧き肉躍るとかいった常套句が、すんなりと口をつく。もちろん、これは褒め言葉だ。

    「フォードvsフェラーリ」の時代背景は、1963年から66年にかけてだ。当時、イタリアのフェラーリ社はル・マン24時間レースの絶対王者だった。60年から4連覇を継続中で、レーシングチーム〈スクーデリア・フェラーリ〉は、無敵の称号をほしいままにしていた。

     だが、社の内紛もあって、経営は楽ではない。そこに眼をつけたのが大衆車の王様フォード社だ。買収工作が進められ、話はまとまる寸前まで行った。ところが、相手方の社主エンツォ・フェラーリが翻意した。金銭の問題もあったが、彼はスクーデリアを守りたかったのだ。

    残り755文字(全文1127文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事