経済・企業ワールドウオッチ

シリコンバレー バイオ企業を救う画期的な資金提供=二村晶子

    臨床試験には多額の費用がかかる(Bloomberg)
    臨床試験には多額の費用がかかる(Bloomberg)

     米カリフォルニア州のバイオ企業コディアック・サイエンシズの資金調達法が話題だ。ヘルスケア分野で最も成功したとして知られるヘッジファンド、ベーカーブラザーズ・アドバイザーズが、2019年12月にコディアックが開発を進めている加齢黄斑変性症および糖尿病性網膜症のための薬について、将来の売上高の4・5%を受け取る代わりに、2・25億ドル(約240億円)を支払うことを決めた。

     新薬開発には多大な資金を要し、小さな企業が自力で開発を完了するのは難しい。通常は大手製薬企業に開発の早い段階で医薬候補品の権利を渡し、一時金を受け取り、開発費用を回収する。

    残り238文字(全文511文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット