国際・政治エコノミストオンライン

トランプ再選の鍵握る“福音派” 共和党から大統領出す影の勢力=中岡望

    福音派の集会で信徒とともに祈るトランプ大統領(右から3人目、フロリダ州マイアミ)(Bloomberg)
    福音派の集会で信徒とともに祈るトランプ大統領(右から3人目、フロリダ州マイアミ)(Bloomberg)

     2020年1月3日未明、米軍がイラクのバグダッド空港を空襲し、イラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を爆殺。米軍に指示を出したトランプ氏は国際社会から非難を浴びた。

     トランプ氏は同日、自身の支持基盤であるキリスト教福音派(エバンジェリカル)がフロリダ州マイアミの教会で開いた大規模集会で演説し、「ソレイマニ司令官が米国人を標的に攻撃をたくらんでいた」と、殺害の正当性を訴えた。

     トランプ氏が福音派を重視するのは、同派が今年11月に控えた大統領選の鍵を握るからだ。福音派とは「キリスト教原理主義者」と呼ばれるプロテスタントの白人を指す。福音派は現在、共和党支持者の29%を占める最大の支持基盤となっている。トランプ政権は、福音派に加え、「財政保守主義」と「減税」を主張する共和党議員団の最大派閥ティーパーティー派の連合の上に出来上がっている。

    残り2574文字(全文2947文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事