教養・歴史書評

『石原慎太郎 作家はなぜ政治家になったか』 評者・将基面貴巳

    著者 中島岳志(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授) NHK出版 1000円

    華麗なる「大きな空虚」に戦後日本の本質を描き出す

     戦後日本は「石原慎太郎的」だ、と文芸評論家・江藤淳はかつて指摘した。つまり、石原慎太郎こそは、戦後日本をある意味で代表する存在だというのだ。1950年代後半以降、常に大衆の注目の的となってきたこの人物を描くことで、本書は「戦後という時代の核」を突き止めようと試みる。

     石原慎太郎は、戦後10年が経過した時代に、芥川賞受賞作『太陽の季節』で颯爽(さっそう)と世に出た小説家である。しかし、それから12年後には政界に身を転じ、自民党右派の政治家として活躍し、ソニーの盛田昭夫との共著『「NO」と言える日本』のようなベストセラーも世に送り出した。衆院議員辞職後は、東京都知事を3期と1年務めた。その間、石原は常に大衆から喝采を浴び続けてきた。本書は、そうした石原の華麗なキ…

    残り788文字(全文1187文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事