教養・歴史書評

中国 「食」への熱烈な“信仰”を知る=辻康吾

     以前にも触れたが、私は「アメリカ人は快活だ、フランス人はお洒落(しゃれ)だ」というような安易な民族性論には反対だが、「中国人は食いしん坊だ」というのだけは全面的に賛成だ。それでも「食はわれわれにとって決して飢えを満たすだけのものではなく、言行と溶け合い、礼儀に関わり、信仰にさえ近いものだ」(崔岱遠(さいたいえん)『吃貨辞典』、商務院書館出版、2014年7月)とまで言う「食」への熱烈な信仰告白に仰天した。

     同書は80を超える食品を巡って、そのレシピではなく、特色、故事、来歴、詩文、逸事、習俗を紹介したもので、大いに楽しみながら読んでいた。ところが私が読了する前に『中国くいしんぼう辞典』というタイトルで邦訳書が出版されてしまった(川浩二訳、みすず書房、3000円、本文中の訳文は同書から)。それでもあまりにも面白い、というより中国文化の重要な一側面を知るためにもここで簡単に紹介したい。

    残り580文字(全文976文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事